法律で指定された危険物を保管する施設!危険物保管庫の費用など基本情報を解説

人のインフラを支える物質の中には引火し易かったり爆発したりなどの危険な物質があります。
社会に必須の物質と言えども安易に無関係な人が近づかないようにする必要があります。
そのために安全に危険な物質(危険物を)関係のない人が近づけないよう補完することが法律で義務付けられています。
これを危険物保管庫と言います。
危険物の種類によって仕様や運用が定められていますので、ここでそれら危険物を補完するために必要な倉庫がどのようなものか、建設費用などを説明いたします。

法律で指定された危険物を保管する施設!危険物保管庫の費用など基本情報を解説

上記のように引火しやすかったり、爆発しやすい物質の保管に関する事項なので、危険物保管庫の規定は法律(消防法)で定められています。
危険物を使う危険物保管庫はタンク貯蔵所、地下タイプの貯蔵所移動式タンクの貯蔵所の3つのタイプがあります。
その中で、倉庫を貯蔵所としている場合は危険物倉庫と呼ばれます。
因みに床面積300坪程度で平屋建ての危険物保管庫を建てる場合は4から6か月程度の工期が必要と言われており、費用は同じ条件で固定式消火設備を設置した時はツボ60~80万円が標準的と言われています。
この際、地盤や規模など敷地条件によって金額が変わる恐れがあります。

危険物保管庫の建設費用の目安は坪60~80万円が相場

工場などモノづくりを行っている企業は物流倉庫を管理していて、全ての建築構造での倉庫の全国平均坪単価は43.5万円で施工ができるといわれています。
しかし、危険物保管庫となると一般的な倉庫とは異なり特別仕様になるのでコストが高くなるのではないか、これから危険物保管庫の建設を計画している会社など気になる部分といえましょう。
建設に要する費用相場は坪60万円から80万円が目安といわれているのですが、これは床面積が300坪で1棟平屋建て、固定式消火設備などの諸条件を持つ建築物の場合です。
ちなみに、危険物保管庫は2階建て以上の建物は基準から外れているあくまでも平屋建ての建築物でなければなりませんし、床面積も1,000㎡以下などの基準があることを覚えておきましょう。
この費用相場は建物規模や消火設備などで変わりますが、敷地条件でもある地盤などでも金額が変わることもある、特に地盤が弱い場所などでは地盤改良工事が必要になることも覚えておくと安心です。

危険物保管庫の建設期間は床面積300坪程度で4~6ヶ月が目安

危険物保管庫を建てるとなると長期間の工事が必要になるのではないか、なるべく早い段階で危険物を扱える保管庫が欲しいとなったときなど建設期間について気になって来るケースは多いといえます。
危険物保管庫が完成しないと、その都度離れた場所に保管してある薬品や材料を取りにいかなければならない、工場を移転したことで作業現場と資材保管庫が離れてしまうなどのケースは多いといえましょう。
基本的に、床面積が坪程度の保管の場合は4か月から半年が目安です。
規模が小さくなると期間の短縮はできる、逆に危険物保管庫の上限に相当する床面積1,000㎡などの場合は1年以上かかるなどの目安にもなるわけです。
長期的な期間でも完成まで待つことができる場合は通常の方法で建設を行えば良いのですが、300坪で4か月や半年も待つことができないとなったときおすすめできるのがテント倉庫を活用する方法です。
テント倉庫は、建設期間の短縮効果が期待できる危険物保管庫としても利用可能な設備です。

危険物保管庫の建設の流れを把握しておこう

危険物保管庫を建設するとなったとき、設計された建築物が法律の基準を満たしているものであるのか所轄に対して確認や申請などの手続きを行う必要があります。
ちなみに、新築の住宅を建設するときも設計図を建設地の住所を管轄している役所に対して建築確認申請を行い許可を得てから建築をスタートさせることになりますが、これは危険物保管庫においても同じで最初に自治体の市区村長に対し許可を得ることから始めなければなりません。
また、建設地が決まっているときなどその場所に危険物保管庫を建てることができるのか、これも所轄での確認や申請が必要です。
特に、保安対象物が近くにある場合には建てることができない場所もあるので候補地は最初に決めるよりも可能な場所を特定するなども大切です。
全体的な流れを把握することは申請して却下されてしまう、認可が下りないなどのリスクを回避できますし手間を省けるので最短で危険物保管庫を完成させることができるメリットに繋がって来ます。

危険物保管庫工事の完了後に所轄消防や審査機関などの検査を受ける

危険物保管庫は、300坪の1棟平屋建ての場合4か月から半年が建設工期の目安ですが、これは地盤や規模など敷地条件や建物の規模や設備などで変わります。
また、同等の危険物保管庫に対し固定式消火設備を導入する場合の費用相場は坪当たり60万円から80万円が相場で、こちらも地盤や規模などで費用も変わりますし導入する消火設備により金額が変わって来ます。
これらの施工期間や費用は、設計や施工などでの不備における改善費用は含まれていません。
保管庫の工事が完了した後には所轄となる消防署や審査機関などからの完成検査を受けることになり、これで合格を貰えれば運用を始めることはできるのですが不備が有ったときにはそれの改善をしなければならないので、費用が多くかかることや運用開始までの期間が長引いてしまうわけです。
なお、危険物保管庫を専門にしている建設会社に相談することで、消防や審査機関などの検査を受けて竣工および引き渡しになるので安心して任せることができます。

に関する情報サイト
危険物保管庫の基本情報

人のインフラを支える物質の中には引火し易かったり爆発したりなどの危険な物質があります。社会に必須の物質と言えども安易に無関係な人が近づかないようにする必要があります。そのために安全に危険な物質(危険物を)関係のない人が近づけないよう補完することが法律で義務付けられています。これを危険物保管庫と言います。危険物の種類によって仕様や運用が定められていますので、ここでそれら危険物を補完するために必要な倉庫がどのようなものか、建設費用などを説明いたします。

Search